メソッドを選ぶ理由
REASON

「かゆみの部位」に応じた、適切な治療方法=メソッドを

メソッドシリーズ画像

「かゆみを止める」、「炎症を鎮める」の
基本的なことに加えて、
症状が出ている体の部位に合わせ、
適切な薬の成分や剤形を選ぶことが大切です。

それは、部位ごとに

  • ステロイドの
    副作用のリスク
  • 適した
    有効成分
  • 適した
    薬の剤形

が異なるからです。

部位ごとの
ステロイドの副作用リスクに
合わせた処方

実は、ステロイドの吸収率は部位ごとに違います。

吸収率が高いほど副作用リスクが高まるため、
部位とステロイドの吸収率を考慮した処方
となっています。

額の吸収率6倍/頭の吸収率3.5倍/アゴの吸収率13倍/手のひらの吸収率0.8倍
  • 額の吸収率
    6
  • アゴの吸収率
    13
  • 頭の吸収率
    3.5
  • 手のひらの
    吸収率
    0.8
  • 前腕(内側)の吸収率を1.0倍とした時の比率
    Feldmann RJ, et ai: J Invest Dermatol. 1967; 48(2): 181-183.

部位に応じて
異なる有効成分を配合

部位の特性によって、
適した有効成分が違います。

顔やデコルテ【荒れ肌修復成分】人目に付いて気になる荒れ肌を修復/頭皮や汗をかきやすい部分【殺菌成分】殺菌し、雑菌の繁殖を防ぐ
  • 顔やデコルテ
    荒れ肌修復成分
    人目に付いて
    気になる
    荒れ肌を修復
  • 頭皮や
    汗をかきやすい部分

    殺菌成分
    殺菌し、
    雑菌の
    繁殖を防ぐ

部位に合わせた
薬の剤形

部位の特性や生活に合わせ、
適した薬の剤形にしています。

●水仕事中も流れにくくしみない軟膏タイプ ●パソコン作業でもべたつかないクリームタイプ ●頭・頭皮は目立たず液だれしにくい液体タイプ ●汗をかく部位は炎症が悪化しないよう汗腺にフタをしない液体タイプ
  • 水仕事中も流れにくく
    しみない軟膏タイプ
  • 頭・頭皮は目立たず
    液だれしにくい
    液体タイプ
  • パソコン作業でも
    べたつかない
    クリームタイプ
  • 汗をかく部位は
    炎症が悪化しないよう
    汗腺にフタをしない
    液体タイプ

かゆみ治療薬「メソッド」は、
かゆい部位ごとに
適した処方で設計された
皮膚薬シリーズです。

あなたの肌トラブルに、適切な治療方法=メソッドを