かゆみの仕組みと
その対策

ヘルスケアマイスターがつらいかゆみのメカニズムや
対策について解説します。

いつでもどこでも、
かゆみは待ってくれない!
こんな経験ありませんか?

実はこの時、
肌ではこんなことが
起こってるんです。

健常な肌
肌が本来持っているバリア機能により、
外部刺激から守られています。

かゆくなってしまったら
どうすればいいの?

肌がかゆくなる原因と
予防を知って、
本来の「健常な肌」に
戻していきましょう。

ヘルスケアマイスター 芳賀 理佳

肌のバリア機能を
低下させる主な原因

日常生活で起こるさまざまな原因によって
肌を守るバリア機能が低下すると、
かゆみや赤みなどの肌トラブルにつながります。

外部からの刺激による要因

  • 乾燥や寒さ、紫外線などによるの肌へのダメージ
  • からだの洗いすぎによる保湿成分の減少
  • 衣類の摩擦や締め付けによる刺激
  • 花粉などのアレルゲンが肌に付着
  • 汗にふくまれる成分が刺激物質に変化

体内の変化からくる要因

  • 生理中やその前後のホルモンバランスの変化
  • 慢性的な睡眠不足など睡眠の質の悪化
  • 偏った食事による肌への栄養不足
  • 喫煙による血流の悪化
  • 加齢による肌機能低下・皮脂不足
  • 過度なストレスによる免疫力の低下

つらいかゆみの予防
と対処のコツ

乾燥した
空気から
皮膚を守る

冬の外出時は手袋やマフラーなどで皮膚の露出を減らし、外気に極力触れないようにします。エアコンの温風を直接肌に当てないことも大切です。乾燥を感じたら、保湿クリームなどで保護することも大切です。

紫外線を
防ぐ

紫外線が強い時期や時間帯に外出するときは、必ず日焼け止めを塗ります。腕や首などを覆う衣服を着たり、日傘をさしたりして肌を守りましょう。
※紫外線量が多い月:4月から9月

入浴習慣を
見直す

身体を洗う時はタオルなどを使わずに、十分に泡立てた石けんやボディソープで優しく洗いましょう。お風呂は40℃以下の熱すぎない温度に設定します。

質の良い
睡眠をとる

睡眠不足は、それ自体がストレスとなります。下記の記事も参考に、質の良い睡眠をとる工夫をしてください。

「お肌のゴールデンタイム」は都市伝説だった!

バランスの
とれた
食事を
する

たんぱく質、ビタミン・ミネラル、食物繊維などをバランスよくとりましょう。乾燥肌にはサバやイワシなどの青魚や、かぼちゃ、にんじんなどの緑黄色野菜もおすすめです。

皮膚への
刺激が
少ない
衣類を選ぶ

「締め付け感がある」「縫い目がかたい」「毛羽立ちがある」「ちくちくする」など、皮膚に刺激を与える素材の衣類は避けましょう。柔軟剤で柔らかく仕上げると、肌への刺激感を抑えることができます。

汗をかいたら、
そのままに
しない

汗をかいて帰宅したら、早めにシャワーで流すことが重要です。洗う時はゴシゴシせずに優しく洗いましょう。外出先では、こまめに汗を拭き取るケアが効果的です。そのままにするとかゆみの長期化の原因になります。

皮膚のかゆみを抑えるには
こんな方法も!

つらいかゆみを抑えるには、市販の薬を活用するのも
ひとつの方法です。かゆみを止めるだけでなく、弱く
なった皮膚の修復も忘れずに!

かゆみを止める成分のほか、皮膚の炎症を抑える成分、刺激に弱くなった皮膚を修復し、バリア機能を回復する成分などが配合された薬を薬局でも購入することができます。
薬剤師に相談し、自分の症状に合った薬を購入するようにしましょう。
しばらく市販の薬を使用しても症状の改善が見られない場合には、医師など専門家に相談するようにしてください。

メソッドは、
かゆみを鎮め、修復成分配合の
かゆみ止め治療薬です。

衣類が当たる部分など、
日常的に刺激を受けやすい場所には

メソッドWOクリーム
非ステロイド
しみない メソッド WOクリーム
かゆみ・湿疹・皮膚炎に 第2類医薬品
商品詳細

外出時の汗や花粉によるかゆみを
すぐ止めたいときは

メソッドシート
非ステロイド
ベタつかない メソッド シート
かゆみ・湿疹・皮膚炎に 第3類医薬品
商品詳細
Top